腰痛の原因と成り立ち

 

多くの腰痛は身体を支える背骨周りや臀部の筋肉の緊張や炎症が原因で起こっています。
筋肉の緊張する要因としては大きく2つに分かれると考えていますが 普段の姿勢や行動習慣による疲労の蓄積と気候の変化やストレスによる身体内部に影響がある場合の2つが挙げられます。

時間経過に伴う症状

 

初期症状としては動作時の痛みやだるさを感じる程度ですが、時間経過と共に慢性的な痛みに変化し 徐々に蓄積したものが結果としてぎっくり腰になったり、身体を動かすのもつらいという場合もあります。

たか鍼灸院の治療法

腰痛の原因として腰部周辺の筋肉の緊張を挙げましたが、その筋肉の緊張の元になっているのが“冷え”です。
これは身体全体に共通して言えることですが、緊張の要因となるものに“冷え”が大きく関わっています。
冷えの要因は様々ですが、当院で改善ポイントにしているのは血流改善についてです。
普段の姿勢や行動習慣により疲労が蓄積すると筋肉は硬くなります。硬くなった筋肉には血液はうまく循環してくれません。
そうすると血液の役割である酸素と二酸化炭素の交換、栄養補給、更には温もりを伝えるという事が出来なくなります。
使用して硬くなる⇒硬くなると血液が循環しない⇒血液が循環しないので更に硬くなる⇒硬くなった筋肉は伸縮出来ないので痛みがでる
という悪循環が生まれるので、時間の経過と共に症状が深刻になっていくのが腰痛の特徴なのです。
ですので当院では腰部周辺の筋肉の緊張緩和と並行して身体全体での血流の改善を目標としています。

背骨を支える腰部周りの筋肉(脊柱起立筋・広背筋・大殿筋・中殿筋・小殿筋)の緊張緩和を目的とします。
上記した筋肉周辺にあるツボ(経穴)を使用し、緊張緩和と固まった部分の血流の改善を施し、
冷えて固まった筋肉を元の弾力のある筋肉に戻していきます。
また長期間症状が続いていたり、繰り返し症状が出る方ほど腰部だけの機能改善ではなく
身体全体での血流改善の為の全身治療をお薦めします。
その場の痛みをとるだけでなく、長期間痛みを起こさない、起こしにくい身体作りを目指しましょう!

大池小学校前
阪急豊中駅から徒歩3分

たか鍼灸院
〒560-0021 大阪府豊中市本町1-9-34藤慶ビル4F

06-6850-7222/お問い合わせ
診療時間
時間
10:00-12:00
12:00-17:00
17:00-22:00 - -

※◎=9:00-13:00 △=往診もしくは完全予約診療(土曜日は13:00-18:00)
※日曜日は休診です。祝日の診療時間に関しましてはその都度お知らせ致します。
※往診随時承ります。ぜひご相談ください。