種別

 

①入眠障害・・・寝付きにくい
②中途覚醒・・・途中で目が覚めて、なかなか寝付けない
③早期覚醒・・・朝早く起きてしまう
④熟睡感の欠如・・・ぐっすり眠った感じがしない

不眠の原因と成り立ち

 

①心理的要因 ストレスからくる睡眠障害
②身体的要因 病気による痛みなどが理由で、眠るのが困難になったり、夜に何度も目を覚ましてしまう
③神経的要因 不安や抑うつにより自律神経のバランスが崩れて起こる

自律神経 
┣ 副交感神経・・・体を落ち着かせている時に強く働く神経
┗ 交感神経・・・体を活発に活動させる時に働く神経

 

時間経過に伴う症状

 

どのようなタイプにも共通することが、副交感神経機能が低下していくので、本来の副交感神経の役割である身体をリラックスさせる事が出来なくなり 日中の起きているときにもイライラしたり、食事をしても消化機能が低下しますので胃がもたれたり食欲自体もなくなったりします。

たか鍼灸院の治療法

自律神経の調整、特に副交感神経を優位にすることがこの疾患の重要なポイントだと考えます。
鍼灸は特に精神的な疾患に対して効果のある治療です。
精神安定のツボを刺激したり、全身の血液の流れを整えることで心身ともにリラックスさせ副交感神経を優位にさせることを目的とします。

たか鍼灸院

〒561-0865 大阪府豊中市旭丘8-79-1

06-6850-7222/お問い合わせ
診療時間
時間
8:30-12:30
13:00-16:00 往診 / 完全予約診療
16:00-20:00 - -
  • ※受付は午前・午後共に最終時間の30分前まで
  • ※休診:日曜日/水・土曜午後診(祝日の診療時間は都度お知らせします)
  • ※予約優先にて診療致します